ミカルディスは頼れる味方:記事まとめ

  • 有酸素運動やミカルディスで血圧を下げ熱湯風呂は注意

    高血圧治療の薬物療法に使われる薬のひとつに、ミカルディスがあります。 ミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)という種類の降圧剤で、有効成分はテルミサルタンになります。 ミカルディスが血圧を下げる仕組みは、アンジオテンシンIIという血圧を上げる働きをする体内物質を抑えることで血管を拡張させて血圧を下げるというものになっています。 ところで、高血圧治療は、薬物療法と生活習慣の修正を組み合わせて行うのが基本的な方法です。 血圧を下げるために有効な生活習慣のひとつとして、運動をして肥満を改善したり、ストレスを解消するという方法がありますが、高血圧の人におすすめなのは有酸素運動です。 有酸素運動はしっかりと酸素を取り込みながらする運動のことで、出来れば毎日続けてウォーキングやサイクリングなどを1回30分以上すると良いとされています。 しかし、今まで運動をしてこなかった人が急に激しい運動をすると逆に血圧が上がる危険性があるので、適度な運動を無理の無い範囲で行うのがおすすめです。 それから、高血圧の人が生活上、気をつけたいことに、お風呂の入り方があります。 冬に暖房の効いた部屋から寒いお風呂場へ行くことで、急激な温度差の刺激で血圧が上がるというのが危険なことは比較的よく知られていますが、熱湯風呂のような熱いお湯に浸かるのも、皮膚への刺激となって血圧が上がるため、高血圧の人には良くないとされています。 高血圧の人は熱湯まで行かなくても42度以上のお湯になってくると血圧が上がる危険性があるので、お風呂はぬるめの37~40度くらいにするのが良いでしょう。 また、ミカルディスを処方されて高血圧治療をしているなら、特に飲みはじめの頃にめまいや立ちくらみが起こる場合があるので、お風呂場で倒れるなどの危険を避けるためにも、急に立ち上がるのはやめてゆっくり行動するなど、服用中は安全に気をつけてください。
  • 予防に使うミカルディス

    高血圧の治療においてはミカルディスを使用するということがだんだんと多くなってきました。生活習慣病として知られる高血圧はその原因が判然としないものであり、二次性の高血圧のように原因疾患が特定できるものではありません。生活習慣の中の何かが原因となっていて血圧が高い状態になってしまっているというものであるとされています。その生活習慣の影響で脂質異常症や糖尿病なども併発しやすいことが知られており、高血圧による心臓や血管、腎臓などへの負担がそれを加速させてしまうと言われています。そのため、ミカルディスのような降圧剤を使用することによって血圧を目標域まで下げることにより心臓、血管、腎臓への負担を軽減することにより糖尿病などの併発を予防することができるようにするというのが治療方針として一般的に行われています。一方、ミカルディスには他の降圧剤にはあまり見られないこれ以上の予防効果もあることが知られるようになりました。脂肪細胞に対してPPARγを活性化することを通してアディポネクチンの分泌を促すことができるということが判明したからです。アディポネクチンによって血管修復、動脈硬化や心肥大の抑制、インスリン抵抗性の改善などが起こるということが判明しています。そのため、血管や心臓、腎臓を保護する働きを示し、動脈硬化や心不全、糖尿病などの予防に効果的に作用するとされています。そういった影響もあってミカルディスを合併症の予防のために使うという考え方が広まってきており、医療機関において使用されることが多くなってきているのが現状です。高血圧はそれ自体に自覚症状がないものの、合併症のリスクが高い疾患であることから予防の考え方が大切だからです。
  • ミカルディスを通販で購入するメリット

    高血圧の治療の基本的な方法として、初期には運動療法と食事療法が行われて回復が試みられます。しかし、それによって血圧が正常値に戻っていく様子がなく、依然として高血圧が続いてしまっている場合には降圧剤を使用して治療を行っていくことになります。その際に用いられる降圧剤として有名なのがミカルディスであり、合併症の予防に対して効果が高いことから多くの人が注目する降圧剤となっています。しかし、ミカルディスの基本的な作用メカニズムは腎臓におけるレニンーアンジオテンシン系でアンジオテンシン受容体を阻害することによって体の中で起こっている昇圧の反応を抑制することができるというものです。そのため、基本的には対症療法であって、ミカルディスを飲んでいても高血圧が治るということはありません。そのため、一度ミカルディスを飲み始めてしまったらそれからずっと飲み続けることが必要になるという覚悟が必要になるでしょう。ミカルディスは通販で個人輸入をすることができますが、そのメリットが生まれるのはこういった形で長期的な服用を考えなければならないからです。病院に行って処方してもらうと3割程度の費用負担で済みますが、それに加えて診察料や処方箋料なども支払わなければなりません。意外にそれが大きな負担になるものですが、通販で購入すると薬代以外には余計な負担はありません。価格も定価の3割程度の値段になっていることが多くなっています。通販であるために送料が必要になってしまいますが、大量に購入すれば一箱にかかる送料も分散されてかなり安く購入することができるようになります。大量に一度に購入することで安くなるだけでなく、購入の手間も省けるというメリットもあるでしょう。